class="post-template-default single single-post postid-1611 single-format-standard custom-background post-name-seedmixcampagne post-type-post" >

パン作り 自家製酵母 食事パン

香ばしくてあとを引くシードミックス入りのカンパーニュ

投稿日:2018年9月13日 更新日:

こんにちは! 今回は、雑穀を混ぜ込んだカンパーニュを焼きました。
毎日、パンを焼いているけれど、正直何を焼くか迷って決まらない時がある。 パンを焼きあがった時って、上手く焼けたらそれはもうじーっと見ちゃうほど嬉しい。 特に自家製酵母から育てて焼いたパンは、 「よく焼けたね~。」 と感動してしまう。 なんせ、レーズン酵母なら瓶にレーズンと水、蜂蜜を入れて浮いてくるまでにおよそ5日もかかるのだ。 それから、元種を作るのに3日。 そして、自家製酵母で仕込んだパン生地は発酵に5~12時間以上かかる。 その過程が楽しい人もいるのだろうけど、私の場合 「パンを焼きたい。」 と思って始めたのに、10日目にやっと焼ける。なんてもうモチベーションは下がっている。 だから、自家製酵母はたまに挑戦するだけで後はもっぱら金サフ頼り。 金サフなら糖分が多い生地でもリーンな生地でも対応してくれる。 毎日焼くなら、面倒くさくない。ってとても大事。 洗い物だって少ない。 毎日焼いているから、今日は焼くの止めようかな?と思う時もあるけれど流石に一年半も焼いていると、習慣のようになって焼かないと寂しい感じがする。 パンを焼かなければ、特にすることもないし。 ま、暇だから。って話。
何を焼きたいか決まらない時は、リーンなパンを焼くのがいい。 塩味にでも甘い味にでも転べるから。
モリっと膨らんだカンパは美味しそう。
程よい気泡で、空気をたっぷり含んだ食感。
シードミックスの中身は、オーツ麦フレーク、ヒマワリ種、ゴマ、亜麻仁。 プチプチ香ばしくて美味しい。 ・ ・

*シードミックス入りのカンパーニュ*

【材料】 リスドォル 87% シードミックス 13% 水 80% レーズン酵母元種 35% 蜂蜜 3% 塩 2%

【作り方】 ①ボウルに塩以外の材料を入れ粉気がなくなるまで混ぜ30分オートリーズ。 ②塩を加えて混ぜ一次発酵開始。 ③八割がた発酵が進んだら、パンチを入れる。 ④生地を丸めガスを抜き、ベンチタイム20分。 ⑤生地を丸めなおし、表面を張って丸く成形しホイロ15分。 ⑥300℃に予熱したオーブンをスチームを入れて230℃で6分、スチームなしで15分焼く。


人気ブログランキング

Follow me!

-パン作り, 自家製酵母, 食事パン
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

珈琲にぴったり、ふんわり甘くてコクのある黒糖ブレッド

こんにちは! 今回はパン作りの投稿です。 大好きな黒糖ブレッドを焼いた。 かりんとう、蒸しパン、麩菓子など黒糖が入っているお菓子が好き。 その中でも、黒糖パンはNo.1。 テーブルロールにしたり、スチ …

極力甘さを控えたほろにがショコラブレッド

こんにちは! 今回はパン作りの投稿です。 今回焼いたのは、ショコラブレッド。 そもそも甘い物は得意ではないので、自分で焼くパンは極力甘さ控えめ。 チョコチップはビターじゃないと、だんだん辛くなってくる …

『乃が美風』高級生食パンを焼いてみました。

こんにちは! 今回は、美味しい食パンで話題の高級生食パン『乃が美』風の食パンを焼いてみました。 発酵行き過ぎてカクカク。 最近、発酵中にパン生地がちぎれるというか、裂けるというか表面が荒れてしまう。 …

思い入れの強いテーブルロール②

こんにちは! 今回は前回の 「思い入れの強いテーブルロール①」 の続きの投稿です。 今まで、テーブルロールは ストレート法(材料をすべて一度に捏ねて生地を作る方法) で焼くことがほとんどだったけれど、 …

時間がたっても柔らかいライ麦くるみちぎりパン

こんにちは! 全粒粉とおなじく、ライ麦粉も気温が下がると美味しくなってくる粉です。 ほんのりした酸味と独特の風味が癖になる。 今回は、ライ麦全粒粉を使ってくるみパンを焼きました。 *ライ麦くるみパン* …

2020年4月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

11歳には見えないチワワのサーブの事や日常の些細な事をツイートしています。

人気ブログランキングに参加しております。


人気ブログランキング