class="post-template-default single single-post postid-1655 single-format-standard custom-background post-name-twopersons post-type-post" >

うつ病 私について

変わっていく私。「集団脳内プログラムで出会った2人」

投稿日:2018年9月14日 更新日:

こんにちは! 今回は、「私が知らなかった視線恐怖という神経症」の話の続きです。
岩波先生の集団脳内プログラムで出会った二人とは、定期的に会っていた。 特に何をするわけでもなく、ただ会って近況報告をしたり、 ある時は呼吸の練習をしよう。とビジネスホテルの一室を三人で借りて練習したこともあった。 その時も私は、全くやる気が出ない。 三人で計画して、「いいね。やろうやろう。皆でやれば頑張れるもんね。」なんて言っておいて、いざその時になるとものすごい倦怠感に襲われる。 やらなければ。と思う気持ちとやりたくない。という気持ちが喧嘩する。 なので、呼吸の練習を必死でやっている二人を傍観するだけ。 「あ~、のけぞってお腹が出ちゃって丸見えだな~。細いな~。」 なんてどうでもいいことを考えていた。 2人が呼吸をして変性意識になるかどうか見たいと言うのもあった。 岩波先生は、強い呼吸でも弱い呼吸でもどちらでも意識を飛ばすことが出来る。と言った。 そして、それには体が柔らかくなければいけないから。とツボ押しで私の肩を飛び上がるほど強い力でぎゅ~ぎゅ~押した。 そんな力任せで押されたら、余計に力が入るのに・・・。 常に不安を抱えて生活している人は、肩に力が入っているので体がガチガチらしい。 それは、分かるけれど体の力って自然に入ってしまうから抜け。と言われても難しい。 私も二人の呼吸を見ながら、ちょっと真似事をしてみたりもしたけれど 「あ~、やだやだ。」と思うばかりだった。 一度は三人で合宿と称して、雪が降る野尻湖の方に泊まりに行ったこともある。 この合宿と称したお泊りの時から、私は二人と付き合っていくのが難しくなった。 2人はあまりに世の中の事を知らなすぎるというか、のほほんとしているというか、子供がそのまま大きくなったような大人だった。 場所と宿はNさんが決めて予約を取るといい、レンタカーはいつも借りているから。とK君が借りてくれた。 何故その役割分担になったのか覚えていないが、私はお任せした。 で当日、レンタカーで予約した宿に向かっていると、途中からとんでもない雪景色。
勿論レンタカーのタイヤはノーマル。 弱弱しいVitzの車内には大人が三人。坂も多い。 恐怖しかなかった。 そのあとに、起こる恐怖も知らずK君は 「いいなぁ。こんな何にもない田舎に住みたいな~。」と景色を楽しんでいた。 ペンションの入り口の道はとんでもない急な坂で、私たちの車はスルスル滑っていった。 過去に冬の軽井沢の坂道を、彼とドライブをしていた時に派手に滑って崖にぶつかり恐怖を味わったことがあった私は、もう諦めた。 こういう時の男性は、何処から沸いてくるのか「行ける!!」と言う不確かな確信を持つ。それと、女性の前だからいい恰好しなきゃ。と思うのかもしれない。 「大丈夫、雪の壁にぶつかりながら行けば登れるから。」と無謀なことを言った。 そんなわけもなく、びっくりしてペンションから出てきたオーナーと一緒に車を押した。
人気ブログランキング
メンタルヘルスランキング いつもクリックありがとうございます。

Follow me!

-うつ病, 私について
-, , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

変わっていく私。「宗教に対する偏見ってどこから生まれるんだろう?」

こんにちは! 今回は、「皆が先生と崇める坊主頭のおじさん」の話の続きです。 ・ ・ 食事療法として勧められた雑穀米とか、自分で煎じるお茶とか、特に何の疑いもなく頑張って続けた。 しかし、子供の頃から食 …

変わっていく私。「不安障害や対人恐怖、うつ病から解放される考え方。」

こんにちは! 今回は、「宗教に対する偏見ってどこから生まれるんだろう?」の続きのお話です。 ・ 過去に、「神経症」と言われた病名は今は使われなくなり、不安障害、不安症、パニック障害と言われるようになっ …

薬だけに頼らず、自己治癒力を高める方法③

こんにちは! 私達クローン病のような難病を抱えた人たちは、いつも新しい薬が開発されないかな?と期待している。 けれど細胞が生まれ変わるわけではない限り、薬だけで病気を根本から治すことは難しい。 入院中 …

「もっと満たされたい。」と思う私たちの限りない欲求。

こんにちは! 私達は、日常生活を送る中で多かれ少なかれ「充実した生活を送りたい。」とか「満たされたい。」などの欲求を、持っていると思う。 私は、一人で考える時間があると、何かを渇望するかのように「満た …

変わっていく私。「人が人から離れていく理由」

こんにちは! 今回は、「集団脳内プログラムで出会った2人」の続きのお話です。 ペンションから出てきたオーナーは私たちの姿を見て驚いていた。 冬の山道には完全に適していないレンタカー、山の中だというのに …

2020年4月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

11歳には見えないチワワのサーブの事や日常の些細な事をツイートしています。

人気ブログランキングに参加しております。


人気ブログランキング