class="post-template-default single single-post postid-2006 single-format-standard custom-background post-name-workplace post-type-post" >

クローン病 私について

『クローン病発症』クローン病になってから働いた職場。

投稿日:2018年9月27日 更新日:

こんにちは!

今回は持病のクローン病のお話。

短大を卒業して、友達のように就職できず何もしない日々を送っていた。

その時は、自分から何かしなきゃ。とか働かなきゃ。とかいう気持ちは一切起こらず好きな時に起きて、好きな時に出かけて。という生活を送っていた。

あまりにもずっと家にいるので母は外に出て、一緒に犬の散歩に行くように促し、彼(今の旦那さん)はバイトでもしたほうがいい。と促した。

けれど全く聞く耳を持たなかった。

退院した後で、体調は良かったので働けるはずだった。

けれど、気持ちが付いていかず何をしたらいいかも分からず時間だけが過ぎていった。

なのにしばらくして、さすがに周りの友達は皆働いているし、働かなきゃ。と思って事務の仕事をするようになった。

建築会社の事務で、データを入力したりコピーを取ったり、お茶を入れたり。と大したことはしなかった。(ような気がする。)

ただ、その時季節が冬だったせいか、寒くて寒くて通勤が辛かった。

クローン病になってから、寒くて冷えると決まってお腹が痛くなり、トイレに行きたくなった。

お腹が痛くなるのは、寒いからだ。と何枚も洋服を重ねて着て出勤し、職場に就くと暑いので脱いでいた。

仕事は普通にこなせていたのだが、終わりの時間になるとまたお腹が痛くなる。

帰りは必ずトイレに長時間こもってから帰宅するようになっていた。

仕事内容は、まったく問題なかったのだがこの、行き帰りの寒さとお腹の痛さが私にはとてもストレスで、半年もしないうちに辞めてしまった。

しばらく働かずに家にいたが、その間に通信教育で医療事務の勉強をした。

病気になったことで、医療系の仕事に就きたいと思っていた。

本音は看護師になりたかったけれど、20歳を過ぎたらもう遅いと思っていたし、勉強についていけないし、無理だ。と諦めた。

理学療法士や作業療法士など、調べると医療関係の仕事はいっぱいあったけれど、学校に行ったり学費がかかったりと色々、大変そうだったので一番、手っ取り早い医療事務を選んだ。

課程が修了したので、求人雑誌で仕事を探し面接に行った。

消化器専門の個人クリニックのオープニングスタッフで働き始めた。

看護師も医療事務もみんな、仲が良く地域の患者さんも顔なじみになって楽しく仕事が出来た。

オープニングだったので、レセコンの会社からスタッフが来てくれて一日中つきっきりで教えてくれたおかげで初心者の私でも何とかこなせていた。

仕事中にお腹が痛くなってトイレにこもっても、周りが医者や看護師、薬剤師。と医療関係者で私の病気のことも分かってくれていたので焦ることは無かった。

おかげで、通勤もそんなに辛く感じなかった。

楽しく働けて、日常生活に活気がでるとどんどん元気になって遊びにも行けるようになった。

職場環境が違うだけで、こんなにも症状が違う。

体は正直だ。


人気ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村


クローン病ランキング
いつも応援クリックありがとうございます。

Follow me!

-クローン病, 私について
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

『クローン病発症』腹腔鏡下で小腸切除術を受ける➁

こんにちは! 今回は、『クローン病発症』腹腔鏡下で小腸切除術を受ける。の続きのお話です。 痛い、痛い。 自分は痛みに強い。と思っていたので、痛みが我慢できないことが悔しかった。 手術した後は、頻回に傷 …

何にもしない方が上手くいくという事実。

こんにちは! 最近、ゴルフの練習の後にかなり久しぶりに筋肉痛になった。 普段、運動をすることがないのに2日連続で思い切り振ったので、眠っていた筋肉が引っ張られたのだろう。 筋肉痛と同時に、全身の浮腫み …

『クローン病発症』再発

こんにちは! 今回は、『クローン病発症』の続きのお話です。 病気になって医療の世界を知り、将来は医療系の仕事に就きたいと思った。 看護師になりたかったが、 病気が病気だけに体力的に厳しい。看護師は理数 …

自分に正直に自分らしく生きるためのコツ

こんにちは! 最近本当の自分はどんな人間なんだろう。と思うことがある。 自分の子供の頃を思い出すと、いつもだらけていい加減だった気がする。 子供の頃なんて、みんなそうなのかな? それがいつしか、大人に …

人を不快にさせたり、傷つけたりするハラスメント問題。

こんにちは! 最近内閣府が公開している東幹久のセクハラ防止啓発の動画が気になっています。 「セクハラをしている加害者を守るポスター」 「男性の被害意識を伝えている。」 「深刻さが全くない。」 など色々 …

2020年4月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

11歳には見えないチワワのサーブの事や日常の些細な事をツイートしています。

人気ブログランキングに参加しております。


人気ブログランキング